ヘッドライン
動物関連

3大絶滅した動物(恐竜除く)でマジで生で見たかった動物「ドードー」「サーベルタイガー」あとひとつはwwwwwwwwwwwwww

2020/12/09
動物全般 0
1: 【RE;】なんj王【DIVE】 2020/12/08(火) 19:41:46.246 ID:oUIT0yYx0
なんやwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


一部引用
ドードー
no title


大航海時代初期の1507年にポルトガル人によって生息地のマスカリン諸島が発見された。

1598年に8隻の艦隊を率いて航海探検を行ったオランダ人ファン・ネック提督がモーリシャス島に寄港し、出版された航海日誌によって初めてドードーの存在が公式に報告された。食用に捕獲したものの煮込むと肉が硬くなるので船員達はドードーを「ヴァルクフォーゲル」(嫌な鳥)と呼んでいたが、続行した第二次探検隊はドードーの肉を保存用の食糧として塩漬けにするなど重宝し、以降は入植者による成鳥の捕食が常態化した。


オックスフォードドードーの頭。現存するドードーの唯一の剥製標本の一部分。
隔絶された孤島の環境に適応して天敵らしい天敵もなく生息していたドードーは、

空を飛べず地上をよたよた歩く
警戒心が薄い
巣を地上に作る
など外来の捕食者にとって都合のいい条件がそろっており[4]、侵入してきた人間による乱獲と人間が持ち込んだ従来モーリシャス島に存在しなかったイヌやブタ、ネズミなどに雛や卵が捕食され、さらに森林の開発[注 1]により生息地が減少し、急速に個体数が減少した。オランダ・イギリス・イタリア・ドイツとヨーロッパ各地で見世物にされていた個体はすべて死に絶え、野生のドードーは1681年のイギリス人ベンジャミン・ハリーの目撃を最後に姿を消し、絶滅した。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ドードー


サーベルタイガー

一部引用
no title


no title


トラなどヒョウ属に近いとする考えから剣歯虎、あるいは、ネコなどネコ属に近いとする考えから剣歯猫と呼ばれているが、実際は、ヒョウ属にもネコ属にも特に近くない系統である。

剣歯虎の仲間は、ずんぐりした四肢の特徴から、俊足の中型・小形動物を高速で追跡して捕らえる事は困難であったと考えられ、動きの比較的緩慢な大型動物(ゾウやサイの類、メガテリウムの仲間など)を襲ったと考えられる。長大な牙で刺して倒していたと思われるが、大きな牙を大動物に刺すと折れやすく危険であることから、噛み殺すというよりは、柔らかな首に噛みついて器官や血管を切断させることで失血死させたのだろうと思われている。
犬歯は頭部上顎部と歯肉と歯根膜を媒介として繋がっているだけで、強い力が加わった場合、抜けたり、梃子作用により局部的に力が加わり上顎骨を破壊する危険性があるからだ。

一方、その牙は死体を切り裂くために使われ、従って剣歯虎は死肉食であったとする見解も一部にある。しかし、古生物学者の鹿間時夫の見解では、攻撃獣の骨は損傷が多いが、腐肉食獣の方は骨に損傷がない。スミロドンの骨には損傷が目立つので、攻撃者だったと思われる。


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/サーベルタイガー

引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1607424106/

以下、VIPがお送りします

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/08(火) 19:42:19.238 ID:8cBnoxU10
リョコウバト

一部引用
no title

リョコウバトは、北アメリカ大陸東岸に棲息していたハト目ハト科の渡り鳥。
生息地のアメリカにちなんで、アメリカリョコウバトとも俗称される。

鳥類史上最も多くの数がいたと言われたが、乱獲によって20世紀初頭に絶滅した。


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/リョコウバト




4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/08(火) 19:42:27.659 ID:Ar7UK0rr0
メガロドンだろ

一部引用
no title

全長は最大個体の推定値で最大10メートル、約13メートル、約15メートル、またはそれ以上など変動している。
さらに巨大な20メートル説や40メートル説は全ての歯が最大化石で構成されているとして復元したもので、現在では否定されている。
サメは軟骨魚類であり、化石には通常は歯しか残らない。そのため、化石のみで正確な生前の姿を復元することは困難であり、現行の生態復元図は全て想像によるものであり、各学者や使用された算出方法によって意見が分かれている(現生の近縁種のプロポーションを参考にした算出は最大18m[5])。
地球上においても、海域ごとにサイズの違いが存在したという説もあり、その場合の平均を10.5mとした計算もある。

いずれにしても、現生のホホジロザメ(最大個体の推定値約6.0メートル)より大きく、各仮説を統合すると、現世魚類ではウバザメやジンベイザメとほぼ同大である。


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/メガロドン

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/08(火) 19:43:47.890 ID:4tTfn9dBd
マンモス

一部引用
no title

マンモスは哺乳綱長鼻目ゾウ科マンモス属に属する種の総称である。現在は全種が絶滅している。

現生のゾウの類縁だが、直接の祖先ではない。約400万年前から1万年前頃(絶滅時期は諸説ある)までの期間に生息していた。
巨大な牙が特徴で、種類によっては牙の長さが5.2メートルに達することもある。
日本では、シベリアと北アメリカ大陸に生息し、太く長い体毛で全身を覆われた中型のケナガマンモスが有名である。
実際にはマンモスは大小数種類あり、シベリア以外のユーラシア大陸はもとより、アフリカ大陸や南アメリカ大陸に広く生息していた。特に南北アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモスは、大型・短毛で、かつ最後まで生存していたマンモスとして有名である。


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/マンモス

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/08(火) 19:44:09.769 ID:FAoIl3wh0
ニホンオオカミ

一部引用
no title

ニホンオオカミは、日本の本州、四国、九州に生息していたオオカミの1亜種。20世紀初頭に絶滅したというのが定説である。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ニホンオオカミ

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/08(火) 19:47:14.127 ID:F+6kdSBA0
人間サイズの巨大ペンギン

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/08(火) 19:47:24.783 ID:dMzveVOv0
オパビニアとアノマロカリス


オパビニア

一部引用
no title

オパビニアは、カンブリア紀の海に生息していた動物。
5つの眼と鋏を具えた吻という独特の形態を持ち、オパビニア属は O. regalis (オパビニア・レガリス)の1種のみで形成されている。


かつてはアノマロカリスなどと同様に、バージェス動物群の中で現存する動物門の体制には収まりきらないプロブレマティカ(不詳化石)と疑問視され、「奇妙奇天烈動物」の代表例として語れてきた著名な一生物である。
その後は研究が進んでおり、基盤的な節足動物として認められるようになった

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/オパビニア


アノマロカリス

一部引用
no title


アノマロカリスは、約5億2,500万- 5億500万年前、古生代カンブリア紀の海に棲息していたアノマロカリス類の1属。
アノマロカリス類の中では突出して著名な属であり、遊泳性の捕食者であったと考えられる。


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/アノマロカリス

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/08(火) 20:02:55.533 ID:eMEWBRjpa
ティラノサウルス気持ち悪い

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/08(火) 20:03:48.777 ID:S3oecM+Jr
アルゲンタビス

一部引用
no title


アルゲンタヴィスの翼開長は、推定に用いられた回帰分析と現生のカリフォルニアコンドルとの比較のどちらに準拠するかで異なる。
かつては翼開長7.5 - 8.0メートルとされたが、後の推定で5.09 - 6.5メートルの可能性が高いとされた。翼開長が7メートルに達したか否かは現在のところ不明である。
記載された際にはアルゲンタヴィスは史上最大の飛翔性鳥類だったが、現在では2014年に記載された翼開長7.0 - 7.4メートルのペラゴルニス・サンデルシがそれを上回っていることが知られている。
地面に立った際の背丈はヒトの身長とほぼ同等の1.5 - 1.8メートルで、嘴から尾羽の先端までの全長は約3.5メートルに達した。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/アルゲンタビス

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/08(火) 20:05:35.532 ID:9l6NaT4X0
超古代文明人

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/08(火) 20:08:19.565 ID:nFZGaEzt0
プテラノドンとかケツァルコアトル生で見てみてえ……
空見上げてあんなんいたらヤバいだろ

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/08(火) 21:48:23.982 ID:3FcW5d3w0
ウミサソリ

一部引用
no title


no title


体は縦長く、前体と後体に分かれる。分厚い体型をもつヒベルトプテルス科を除いて、通常は腹背に平たい。ほとんどの種類は大型の節足動物であり、1メートル前後に及ぶのものが多い。
2メートル以上にも達する既知最大級の節足動物として知られる種をも含むが、数センチしか及ばない小型種もいくつかある。


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ウミサソリ

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/08(火) 21:49:55.699 ID:JhQLlzAu0
バージェス動物郡は見てみたいよね



関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.